[ 国是 ] のウェブ検索結果 (約896,000件1-10件を表示)

国是 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/国是 - キャッシュ - 別窓で開く

国是(こくぜ)とは、その国の大部分の政策の方向性を決定付ける、国民の支持を得た 方針のことであり、基本的には長期的に維持される。憲法と違い、内政・外交その他諸々 の分野全てを網羅するものでは無く、内政のみ、もしくは外交のみに作用するということ  ...

こくぜ【国是】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/77097/m...

こくぜ【国是】とは。意味や解説、類語。国民が認めた、一国の政治の基本的な方針。「 中立と平和をもって―とする」 - goo国語辞書は27万語以上を収録。政治・経済・医学・ ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

国是(コクゼ)とは - コトバンク

kotobank.jp/word/国是-499533 - キャッシュ - 別窓で開く

デジタル大辞泉 - 国是の用語解説 - 国民が認めた、一国の政治の基本的な方針。「 中立と平和をもって―とする」

ビジョンと国是十則-龍馬プロジェクト

ryouma-project.com/index.php?itemid=3... - キャッシュ - 別窓で開く

龍馬プロジェクトのビジョンと国是十則のページです. ... しかし、今のまま進めば、日本人 は とんでもない感覚を持った国民に 落ちぶれていくことになり、結果、 国の経済力が 衰え、みんなの生活 が苦しくなる。 しかし、今の大きな流れは個人の 力ではどうしようも  ...

国是とは - 歴史民俗用語 Weblio辞書

www.weblio.jp/content/国是 - キャッシュ - 別窓で開く

国是とは?歴史民俗用語。 国全体が正しいと認める,一国の政治上の方針。 「平和共存 を−とする」 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を見る.

非核三原則は、日本の国是です - nifty

homepage2.nifty.com/SON/hp1_6_h_01.ht... - キャッシュ - 別窓で開く

非核三原則は、日本の国是です。 1974年、佐藤栄作氏は、ノーベル平和賞を受賞した わけですよ。 その理由は、非核三原則に基づく外交です。 ノーベル賞を受賞したのは 個人ですが、やっぱりノーベル賞を受けるというのは、日本人の誇りなわけです。

大韓民国の国是を遵守する - mindan

www.mindan.org/min/min_reki31.php - キャッシュ - 別窓で開く

国是とは、国民が認めた一国の政治の基本的な方針のことです。私たちは韓国の国是 である自由と民主主義、祖国の平和統一を支持し、その実現に向け在外国民の立場 から努力していきます。 在日同胞の権益を擁護する 日本で生きていく上で必要不可欠 な ...

裏切りは韓国の国是 3月19日(水):中韓を知りすぎた男

kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-988.h... - キャッシュ - 別窓で開く

2014年3月19日 ... 裏切りは韓国の国是 3月19日(水). 前回からの続きです。 前回は韓国人の人格は千年 にも及ぶ血と涙の歴史的経緯によって業病となり、 ついに宿痾となって人格障害の韓国 人を創った。日本人の常識では理解できない韓国人の深層を知る ...

国是七条

www8.ocn.ne.jp/~s-yokoi/2.bakumatsu/k... - キャッシュ - 別窓で開く

国是七条. 1.大将軍上洛して列世の無礼を謝せ。 1.諸侯の参勤を止めて述職となせ。 1.諸侯の室家を帰せ。 1.外様・譜代にかぎらず賢をえらびて政官となせ。 1.大いに 言路をひらき天下とともに公共の政をなせ。 1.海軍をおこし兵威を強くせよ。 1.

国是十則 - 大学では絶対に教えられない歴史講義

www.kurayama.jp/modules/wordpress/ind... - キャッシュ - 別窓で開く

最近、何かと近しい龍馬プロジェクト。 地方議員さんの集まりなので、講演に御呼ばれ することになりました。 とりあえず、高知と大分は確定です。詳細が決まればまたご報告 します。 さて、「日本を救う政策をまじめに考えよう」ということで、 国是十則を発表され ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8

次へ 

国是」を画像で検索

このマークのあるサイトはシマンテックによって組織の存在が確認され、
悪意のあるソフトウェアに感染してないことが毎日確認されています。

このマークに関してもっと詳しく »